旅行雑誌を見て大阪行きを決めた!大阪旅行の体験談!

旅行に行きたいと考えていたときに、旅行雑誌を手に取りました。その時の特集が大阪だったのです。旅行雑誌で取り上げられている大阪の観光地は、行ってみたいところばかりでした。そこで友人と行く旅行場所として、大阪を提案してみたのです。

友人は大阪旅行に同意してくれました。ここではそんな大阪旅行の体験談をご紹介していきます。

旅行雑誌に載っていた大阪は魅力的に見えた

旅行雑誌で大阪の特集が組まれていました。それを見たときにこれだと思ったのです。友人と行く旅行先を決める必要があったからです。何気なしに見ていた雑誌だったのですが、大阪が魅力的に書かれていました。京都に行ったついでに行くことはありましたが、大阪をメインに行ったことはありませんでした。

大阪の特集記事は観光地を紹介するだけでなく、地元で有名な飲食店も紹介していたのです。これがまた美味しそうな写真だったことを覚えています。その雑誌を持って友人と相談することにしました。

雑誌を見てから私は大阪に行きたいと思っていたので、友人にはかなり熱く語ったと思います。友人はそんな私を見て、苦笑いをしながらオーケーをしてくれました。そこから二人で計画を立てたのです。行った後に分かったのですが、大阪の観光地は移動距離が短かったです。

計画段階でそれが分かっていれば、もっと観光できたかもしれません。しかし、その時は二人の体力を考えて、観光地を少なく計画したのです。

大阪に行くならUSJは欠かせない

大阪旅行に行くとなって最初の観光地はUSJでした。USJには私も行きたかったからです。映画の世界に飛び込んだかのようなアトラクションに、二人で驚きながらも楽しみました。また、季節限定のイベントには驚いた記憶があります。

一時期しか行わないイベントがド派手だったのです。他のテーマパークでも同じようにしているでしょう。そう考えても、USJのイベントはインパクトに残りました。他に記憶に残ったのがプロジェクションマッピングを使ったイベントです。

壁しかないのに、そこで動き出す色々なものを見ていたら、時間があっという間に過ぎていました。もう一つ印象に残っているのが食べ物です。テーマパークに合った食べ物が用意されているのですが、それがどれも面白かったです。

一般的には美味しいものが多い飲食物ですが、USJにはアトラクションに合わせた料理も置いてあることに驚きました。

道頓堀で美味しい食べ物を食べ尽くす

USJを満喫したあとは道頓堀に移動しました。USJではたくさん食べられなかったので、食べ歩きをしたいと思って実現した企画です。道頓堀付近にあるお店を色々と食べ歩いたのです。ほとんどは雑誌に載っていたお店ですが、一部は外観を見て入ったお店もありました。

そのなかでも印象深かったのは、たこ焼き屋です。たこ焼きの本場で好評価がつくたこ焼き屋には興味がありました。並んでいたので期待できると考えていましたが、食べて見てビックリした記憶があります。フワッとして、中はとろっとしているのです。

そんなたこ焼きは食べたことがありませんでした。あまりの美味しさに追加オーダーしたくらいです。友人も私と同じように感動していて、いつかまた来ようと約束をしました。お好み焼きも食べましたが、たこ焼きほどの感動はなかったです。

本場以外のお好み焼き屋さんも頑張っているということかなと、勝手に思った覚えがあります。友人と歩き疲れて入った喫茶店も印象に残りました。純喫茶だったのですが、昔懐かしいホットケーキが美味しかったです。お腹が苦しかったのですが、食べられたのが不思議です。

もう一つ私がどうしても食べたかったものとして、うどんがありました。大阪のうどんは出汁が美味しいと聞いていたからです。事前に美味しいうどん屋さんを調べてありました。そこは観光客があまり行かないエリアでした。

美味しいうどん屋さんを見つけることができたので入ってみると、古風な内装だったのです。これは期待できると思って注文すると、出てきたのはシンプルなうどんです。食べてみると美味しさに感動しました。口の中に広がる美味しさの波が来たのです。

安くて、みんなが食べるものが美味しいことにも感動したのです。

水族館は大阪でのいい思い出

大阪には中心地から近いところに、水族館があることを知っている人は少ないかもしれません。そんな水族館ですが、私は雑誌で紹介されていたその水族館に行ってみたかったのです。行く前からジンベエザメが悠々と泳いでいる姿を見ようと決めていました。

私が水族館に着いて、散策していると友人も楽しそうに見ているのが嬉しかったです。水族館は私のわがままで付き合わせてしまったので、友人が楽しんでくれてよかったと思いました。大阪の水族館は私が思っている以上に広かった印象があります。

時間があればもっとゆっくり見たかったのですが、他の観光地に行く予定があったのです。水族館に関しては、もっと多く時間を割けば良かったと思った場所でした。

大阪城とその公園は未来を感じさせた

大阪城は雑誌を見たときから行きたかった場所です。私が行ったときにはイルミネーションのイベントをしていたので、きれいさは思っていた以上でした。大阪城には入れませんでしたが、公園を満喫することはできました。

特に印象に残っているのが、太陽の塔です。実物を見るのはその時が初めてだったのですが、インパクトは強かったです。見た瞬間になんだこりゃと思ったからです。全く意味がわかりませんでしたが、すごいということだけは伝わりました。

どう凄いのかも分かりません。ただ、未来を感じることができたのです。かなり昔に作られているものから、未来を感じられることがすごいと思いました。大阪城からは過去を感じ、太陽の塔からは未来を感じることができたのです。

旅行雑誌に嘘はなかった

旅行雑誌を見て思い付いた大阪旅行でしたが、雑誌に載っていたことに嘘はありませんでした。むしろ雑誌よりも実物の方がよかったものが多かったです。特集を組むほど大阪はすごいのかという疑問はありましたが、行ってすごさが分かりました。

観光地から食べ物まで、全てにパワーがあったのです。それを知れる機会を作ってくれた旅行雑誌には感謝しかありません。特集に書いてあった他の観光地は別の機会に行こうと、友人とは話しています。まだ行き足りないので、あと何回かは行く予定にしているのです。